ヴェルファイアのビッグマナーチェンジ

ヴェルファイアのビッグマイナーチェンジでどう変わったのか?試乗動画で確認!

 

竹岡圭さんがビッグマイナーチェンジしたトヨタ・ヴェルファイアを試乗している動画を紹介しますね。

 

 

 

ヴェルファイアを安く買うなら新古車がおすすめです!

 

ヴェルファイア 新古車はこちら♪

 

 

モータージャーナリストの竹岡圭です。

 

ビッグマイナーマイナーチェンジを受けましたTOYOTA・ヴェルファイアとアルファードを試乗しますので、動画で紹介します。

 

まず、デザイン。

 

より迫力満点になりましたね。

 

グリルがマイナーチェンジ前は横基調のものだったのですが、縦にラインが入ったことで凄く押し出し感が増しました。

 

ド迫力のフロントマスクです。

 

フロントバンパーの下も張り出していますし、サイド、リヤも大きいクルマですが、腰高感を払拭するような、しっかり走るぞというアピールもしつつ迫力を増した、そういったデザイン意匠になっています。

 

エアロボディのターンランプはLEDシーケンシャルとなっています。

 

今回のヴェルファイアのマイナーチェンジで加わったのが、デジタルインナーミラーです。

 

これも快適便利装備品のひとつなんですけれども、後ろの席の人の頭がちょっと邪魔だな、避けてくれないかなというシーンがあるじゃないですか?

 

そんなときに便利なのが、デジタルインナーミラーです。

 

切り替えますよ。

 

レバー操作で鏡面インナーミラーからデジタルインナーミラーに切り替わります。

 

こういったかたちで後ろを映してくれるので、あれ?子供がいる!という場合でも安心です。

 

それでは、ビッグマイナーチェンジしたヴェルファイアをスタートさせたいと思います。

 

その前に、シースルービューでグルーッと車体の周りを確認できちゃうのは良いですよね?

 

ミニバンなので、周りを見たつもりでも、荷物を積んだり人を積んだりでスタートまでに時間がかかることもありますから、シースルービューで安全確認バッチリです。

 

では、スタートしましょう。

 

今回のマイナーチェンジしたヴェルファイアとアルファードですが、パワートレインはハイブリッドとガソリンエンジンです。

 

そして、四駆とFFという組合せでいろいろあるのですが、今試乗しているのはハイブリッドの四駆タイプです。(アルファード ハイブリッド エクゼクティブラウンジ 標準ボディ E-Four)

 

特に今回のビッグマイナーチェンジではさらに14%ほど燃費が良くなったということで、チョットのアクセルOFFで積極的に回生してくれていますね。

 

車両重量2010kg以下JC08モード燃費19.4km/L
車両重量2010kg異常JC08モード燃費18.4km/L

 

細かく電気だけで走るモードになってくれますので、本当に効率よく走らせてくれるというのが目で見てもわかりますね。

 

こちらは、ビッグマイナーチェンジしたヴェルファイアですね。

 

V6 3.5Lエンジンに8ATを組合わせたモデルになります。(ヴェルファイア エグゼクティブラウンジ エアロボディ FF)

 

最高出力301ps、最大トルク36.8kgmです。

 

ハイブリッドモデルに比べると、やはり、軽い感じ、軽快っていうほどスポーツカーではないのですが、3.5Lエンジンですから、そういう意味でも重厚感はしっかりあって迫力満点な乗り味でございます。

 

今回のマイナーチェンジでヴェルファイア・アルファード共に標準装備で安全装備がグレードUPしたというのが最大のポイントではないかと思います。

 

トヨタはセーフティーセンスCというのと、セーフティーセンスPという安全装備がありまして、セーフティーセンスPという上級の安全装備のさらに進化版が搭載されています。

 

ちょっとやってみますよ。

 

まずは、レーントレーシングアシストをONします。

 

そして、アダプティブクルーズコントロール(レーダークルーズコントロール)もONしてみましょう。

 

車間距離も調整して速度も調整すると、要は白線の真ん中をしっかり走れるように車が自動的にステアリングアシストをしてくれるんですね。

 

おー。してる、してる。

 

ハンドルを調整してくれてる。

 

例えばね、このヴェルファイア・アルファードというのはロングドライブに出かけたくなるクルマじゃないですか。

 

でも、ずーっと緊張して運転しているというのも無理ですよね。

 

そういったときに車線の真ん中を安定して走らせてくれるお助け装置だと思っていただけるといいと思います。

 

運転が楽だな。

 

やはり、ヴェルファイアくらいのフルサイズミニバンだと、クルマを止めるときがドキドキしちゃいますよね?

 

でも、大丈夫です。

 

インテリジェントパーキングアシスト2があります。

 

この辺に止めようかなという所で止まります。

 

そして、こちらのスイッチを押します。

 

超音波センサーとカメラで駐車スペースを検知し、目標駐車位置を自動設定します。

 

適切な後退開始位置への誘導と後退駐車のためのステアリング操作を自動でアシストしてくれます。

 

ちょっと右に寄っているかな?

 

これでも良いけれども、これだと降りやすいど真ん中に来ましたね。

 

複数回の前後移動(切り返し)支援もしてくれます。

 

あとは、輪留めの位置まで自分でバックすれば、はい、OKです。

 

これだけ簡単にできれば、普段も使えますよ。

 

マイナーチェンジしたヴェルファイアは、運転支援装備と安全装備がたくさんついたおかげで、ボディーサイズが大きいから抵抗があるなと思っていた方も安心できる一台に仕上がっていました。

 

家族でどこか遠くまでお出かけして、楽しいカーライフをお過ごしください♪

 

 

ヴェルファイア新古車の関連ページ

試乗動画(島下泰久さん)
ヴェルファイアの試乗動画を見てみましょう♪島下泰久さんがヴェルファイアの試乗をしている動画を紹介しています。
車両紹介動画(島下泰久さん)
ヴェルファイアを島下泰久さんが動画で紹介してくれています。新型ヴェルファイアを島下泰久さんの動画を見て検討してみてはいかがでしょうか?
2.5L、V6、ハイブリッド どれを選ぶ?
ヴェルファイアは、2.5LエンジンとV6エンジンとハイブリッドモデルがありますが、どれを選べば良いのでしょうか?五味康隆さんがヴェルファイアの選び方を動画で解説してくれます。